2011年08月03日

ジブリ美術館が企画展示を開催

アニメーション制作で名作を連発しているスタジオジブリで、

「となりのトトロ」に出てくるキャラクター「ねこバス」を

再現した展示「ねこバスから見た風景展」が大好評ですが、

この展示を記念してスケッチ大会が開かれ、館内での写真撮影

も解禁されて来場者に大好評となっているようです。



大好評の企画展示「ねこバスから見た風景展」開催記念として

行われたスケッチ大会に参加したのは、ジブリ美術館がある

三鷹市内の美術クラブなどに所属する小中学生で、総勢で93名が

参加しました。このスケッチ大会で、子供たちはねこバスや

巨神兵、まっくろくろすけなど、ジブリの人気キャラクターを

対象に夢中でスケッチを行ったと言います。



また、スケッチ大会には、スタジオジブリが誇る絵職人として

知られる男鹿和雄氏を筆頭にジブリの美術スタッフも参加し、

プロならではの腕前で描いたスケッチも披露しています。



スケッチ大会の閉会挨拶では、ジブリ美術館の館長である

中島清文館長が「宮崎駿監督は『日常の身の周りに面白いもの、

きれいなものがいっぱい転がっているんで、手を動かして

それをいっぱい見つけてもらいたい』と言っています。

今日は皆さん、面白いものをいっぱい見つけたようなので、

これからも絵を描き続けてほしいですね」とあいさつを

おこなっています。



なお、スケッチ大会は終了しましたが、ねこバスなどの

キャラクターが展示される「ねこバスから見た風景展」は、

2012年の5月まで、引き続き開催される予定です。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


イザ!ニュースURL


シネマトゥデイニュースURL


----------PR----------



FX 入門 テクニカル指標 ファンダメンタル ドテン 逆張り 順張り ナンピン


鉄道 ダイヤ 駅長 列車指令 スジ屋 保線員


レアメタル レアアース 中国 エネルギー政策 代替エネルギー


Android アンドロイド アプリ 便利 お得 口コミ
posted by demi at 18:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

最後のスペースシャトルが地球へ帰還

アメリカ航空宇宙局の30年にわたるスペースシャトル計画を

締めくくる最後のフライトが無事終了しました。

ラストフライトを無事に終えたスペースシャトル

「アトランティス」は退役し、博物館に展示されることに

なります。



旧ソビエト連邦との冷戦期間中にスタートしたスペースシャトル

計画は、現在に至るまでの約30年間、米国の威信を世界に示す

壮大なプロジェクトでした。しかし冷戦終了後は巨額の費用が

アメリカの財政を圧迫するようになりました。これまでに

投入された予算は約11兆6000億円、アメリカ国内でも宇宙開発に

ついては否定的な意見も出始めているようです。



しかし、アメリカの宇宙開発は建国以来のアメリカンスピリット

である開拓精神の象徴でもあり、今後は火星への有人飛行を

次の国家目標として掲げ、さらなる挑戦が続くようです。



冷戦期から積み重ねられてきたシャトルの技術は、すでに

大陸間弾道ミサイルにも応用されています。さらに有翼飛行が

可能な大型の輸送能力は対ソ連のスパイ衛星を丸ごと格納

することを見据えた設計とされ、アメリカの驚異的な軍事力

発展にも大きく貢献しています。



ソビエト、ロシアを相手に一時は圧倒的な優勢を誇った

アメリカですが、財政難にあえぐ現在では、今後の

飛行士輸送をロシアに委ねる状況に陥ってしまいました。



ブッシュ前大統領の下で宇宙分野の大統領首席顧問を務めた

マーク・アルブレクト氏は、アメリカの宇宙開発について、

「経済成長を支え、驚異的な米国の軍事能力を生む原動力と

なった」と指摘しています。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


ITメディアニュースURL


日経ビジネスオンラインニュースURL


イザ!ニュースURL


----------PR----------



FX 外為 外国為替 テクニカル指標 チャート 儲かる シグナル サイン


レアメタル レアアース 中国 エネルギー政策 代替エネルギー


Android アンドロイド Eclair Froyo root  便利 裏技 口コミ

posted by demi at 23:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

酒好きの共感を呼ぶ「ハングオーバー」

酒呑みの二日酔いをテーマに描かれた娯楽ミステリー映画として

話題を呼んでいる「ハングオーバー」が大変な人気を呼び、

2011年上半期では、全米の累計興行収入で

2億4500万ドルを突破して堂々の1位、ナンバーワンヒット

となりました。



映画「ハングオーバー」は、結婚式前夜にハメをはずし、

最悪な二日酔い(ハングオーバー)で目をさました男たちの

珍道中を描いた大ヒットコメディー『ハングオーバー!

消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』の続編で、テーマが

「二日酔い」ということもあり、世界中の酒好きから共感を

得ることに成功しています。また、騒動のスケールも

前作よりさらに大きくなり、娯楽大作として一級品の仕上がりと

なっています。3人と行動を共にするサルの存在も、この映画の

見どころのひとつとなっています。



また、この映画はスピード感とノリの良さも格別で、多くの

ファンを魅了していますが、このスピード感と乗りの良さを

生み出すのにひと役買っているのが、キャストたちの自発的な

アドリブです。スタッフとキャスト陣の絶妙なチームワークから

生まれるアドリブについて、主役のクーパーは、

「トッド(・フィリップス監督)が素晴らしいのは、

彼がすべての答えを握っているわけじゃないところ。

答えは、撮影するその日その場所で生まれるものなんだ。

ストリップ・クラブの外のシーン全体なんて、元々は

脚本になくて、僕らのアドリブであんなにダイナミックに

なったんだから」と笑いながらコメントしています。



小さい子どもから大人までを笑わせる下品なジェスチャーが

楽しめる「ハングオーバー」は7月1日より全国公開中と

なっています。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


イザ!ニュースURL


シネマトゥデイニュースURL


----------PR----------



税理士 出版


ブログ 出版ノウハウ


出版エージェント

posted by demi at 23:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。