2011年10月27日

新型のAppleTVが登場する噂

惜しまれつつも逝去した米アップルの共同創始者スティーブ・

ジョブズ氏は、死後も伝記本が世界的なベストセラーになる

など、まだまだ影響力をこの世に残していますが、今後も

iPhone5など、ジョブズ氏の構想を反映させた製品がしばらくは

登場するとみられ、アップルファン達を大いに期待させて

います。大きな期待がかかるのはやはりiPhone5ですが、

アメリカではその前にAppleTVが登場するのではないかと

報じられています。



これはアメリカのメディアやアナリストが報じているほか、

24日に発売されたスティーブ・ジョブズの伝記にも記されて

いるネタで、この伝記が元ネタとはいえ、かなり信憑性が

あるのではないかと推測されます。伝記の中でジョブズは

「テレビを実用的なものにする方法をついに思いついた」と

話していたことが記されており、本当に製品化されれば

また大きな話題となることは間違いありません。



AppleTVは2007年にすでに発売されている商品で、テレビに

接続してインターネットのコンテンツなどを表示できる

セットトップボックス製品として注目されましたが、売れ行きは

今ひとつで、ジョブズ氏も「大ヒットにはならなかった」と

認めています。しかし、伝記の発売と同時に、投資会社の

アナリスト、ブライアン・ホワイト氏が「フル機能装備の

アップルTVが登場予定」とするリポートを発表しました。

ブライアン・ホワイト氏は中国の工場で「アップル・

スマートTV」の試作品が作られている証拠を目にした

とのことで、これが本当であれば非常に興味深い商品が

ふたたびアップルから登場することになりそうです。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


ロケットニュースURL


日経ビジネスオンラインニュースURL


秒刊SUNDAY_URL


----------PR----------



Android View 環境整備 アクティビティ JavaScript アプリ作成 NDK


警察小説 佐々木譲、永瀬隼介、薬丸岳 今野敏 押井守 ハウンド 蟻の階段


アプリ カタログ 裏技 役立つ オススメ 便利

posted by demi at 20:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

ソニーの家電が発火炎上

中国などでは冷蔵庫やテレビなどの家電製品が爆発したり、

発火したりすることがままあるそうですが、日本製の液晶テレビ

でもついに発火するトラブルが発生しました。それも高品質の

イメージが世界的に定着しているソニー製の液晶テレビという

ことで、多くの消費者が不安を感じているようです。



ソニー12日に行った発表によると、07〜08年に製造した

液晶テレビ「ブラビア」の40型5機種に、出火に至る

重大な欠陥がある可能性が高いとのことです。この製品は

国内で約18万9000台が販売されており、消費生活用製品

安全法に基づいてリコール(無償点検・修理)の処置が取られる

事になります。すでに長崎市ではブラビアが棚を焦がす火事

を引き起こしており、消費者庁は「重大製品事故」と判断して

発表しています。この件については製品評価技術基盤機構

が長崎市消防局と共に14日に現地調査を行う予定です。



液晶テレビ「ブラビア」の購入者に対し、ソニーは新聞や

インターネットなどを通じて欠陥の恐れを告知しています。

訪問点検で不具合が見つかれば部品を交換してくれるそうです。

また、類似構造の部品を使ったテレビは海外にも約140万台が

出荷されており、これらも無償で点検し、必要があれば修理

すると発表されました。



ブラビアのトラブルは、ソニーが把握しているだけで、

2008年以降に10件発生していると発表しています。この10件に

付いては個別の部品交換で対応していましたが、今年に

入って7件も頻発しており、原因を検証した結果欠陥の発見に

至ったとのことです。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


ロケットニュースURL


日経ビジネスオンラインニュースURL


秒刊SUNDAY_URL


----------PR----------



免疫 仕組み 自己免疫疾患 アレルギー 1型糖尿病、関節リウマチ


ピグ アメゴールド 操作 裏技 隠しコマンド ゲーム 口コミ


ブルーレイ CD DVD 地デジ コピー 口コミ お得 裏技

posted by demi at 18:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

サムスンがiPhone4Sを提訴

新しいiPhone4Sの発表につづき、創業者で元CEOのカリスマ

スティーブ・ジョブズが亡くなり、世界中から注目と

好意を同時に集めているアップルに対し、サムスンが敢然と

敵意をあらわにしています。アップルに提訴されて世界各国で

GALAXYの販売が差し止められ、模倣品のレッテルが張られて

しまったGALAXYのお返しとして、今度はサムスンが

アップルのiPhone4Sを提訴することが明らかになりました。



この発表はサムスンが発表したもので、パリとミラノの裁判所に

iPhone4Sの販売差し止めを正式に提訴したと発表しています。

すでに韓国内の複数のメディアが取り上げており、すぐに

世界中で報道されるはずです。



サムスンの関係者は今回の提訴について「アップルが私たちに

行ったことを、一寸も譲歩せずに反撃する」と明確な対決姿勢を

打ち出しており、万が一提訴が受理されて販売停止になれば

世界中のアップルファンから大きなヒンシュクを買いそうです。



サムスンがフランスとイタリアの裁判所を提訴先に選んだ理由に

ついて、アップルがデザイン関連の法律が整ったドイツを選んだ

経緯を紹介したうえで、サムスンは通信技術関連の法律が整った

フランスとイタリアを選んだと説明しています。



サムスンの係者は、「訴訟内容はW−CDMA規格に関連する特許」

とコメントしており、さらに「この特許はスマートフォンなど

通信機器には必ず必要な核心技術で、iPhone新製品はこれを

深刻に侵害しているため、製品の販売は禁止されるべき」と

主張しています。



愛国報道一辺倒の韓国メディアですが、この提訴については

「ジョブス死去し哀悼の雰囲気の中、『サムスン−アップル

特許戦はそのまま』」「サムスンが特許反撃…アップル最大の

危機」などと報じています。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


ロケットニュースURL


日経ビジネスオンラインニュースURL


秒刊SUNDAY_URL


----------PR----------



免疫 仕組み 自己免疫疾患 アレルギー 1型糖尿病、関節リウマチ


ピグ アメゴールド 操作 裏技 隠しコマンド ゲーム 口コミ


ブルーレイ CD DVD 地デジ コピー 口コミ お得 裏技

posted by demi at 17:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。