2011年06月16日

「はやぶさ」の快挙がギネスブックに認定される

JAXAの開発した小惑星探査機「はやぶさ」が、地球への

奇跡的な帰還を果たしてから1年が過ぎ、いろいろなイベントや

映画化などが企画されて相変わらず盛り上りを見せていますが、

この偉業がついに、ギネスブックに認定されることになり、

JAXAには多くのお祝いの言葉が寄せられています。



昨年の6月13日に、小惑星「イトカワ」で採集したサンプルを

射出後、地球に生還して燃え尽きたはやぶさですが、燃え尽きた

日からちょうど1年後に、ギネスに認定されたと発表されて

います。認定内容は、「世界で初めて、小惑星から物質を

持ち帰った探査機」としてで、はやぶさの勲章がまたひとつ

増えたことになります。また、先月5月の20日には、

アメリカで開催された第3回国際宇宙開発会議でも、

はやぶさは「フォン・ブラウン賞」という栄誉ある賞を

受賞しています。こちらの受賞内容は「初の太陽周回天体表面

への往復と試料の帰還」に成功した功績が称えられての

ものです。



また、帰還1周年となった13日には、ツイッター上でも

お祝のツイートが殺到しました。正確な帰還の日時となる

「日本時間13日の午後10時51分にカンパイしよう!」

というツイートでの呼びかけが始まり、カウントダウンの

ツイート、乾杯のツイートなどが飛び交っています。

ツイッターのツイートをまとめるサイト「togetter」

によると、14日の朝までに約900件のツイートが

寄せられました。



また、JAXAの研究者が現在も続けている「はやぶさ帰還

ツイッター」にも、大量のお祝ツイートが寄せられたようで、

「いまだにたくさんの熱いメッセージをいただき、感謝の念に

たえません」と、ファンにお礼のメッセージを伝えています。





【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL


ITメディアニュースURL


日経ビジネスオンラインニュースURL


イザ!ニュースURL


----------PR----------



出版ネタの探し方


出版のあれこれ


書籍を出すためのノウハウ

posted by demi at 21:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。